引越し 転出届

引越し時は転出届が必要です。

引越しで一番面倒なのは役所関連の手続きです。
引越しの準備で忙しい中、いろいろと手続きをする必要があります。

 

もし、他の市区町村へ引越すのであれば、必須なのが転出届けです。
転出届は、いま住んでいる市区町村の役所で手続きをする必要があります。

 

できれば引越しが決まったら早めに手続きをする事をおススメしますが、
市区町村役場によっては、転出届の手続きルールが多少異なる場合もあります。
中には、引越しをする14日前からでないと受付けてくれないケースもありますので、
引越しをする1〜2週間前で、この転出届の手続きをするといいでしょう!

 

この転出届の手続きをすると転出証明書をもらえます。
これを、引越し先に転入届と一緒に提出する必要があるので、忘れないように手続きをしましょう。
また、なくさないようにしましょう

 

引越した後も14日以内であれば、手続きは可能です。
しかし、遠距離の引越しをした場合には、いちいち移動して手続きをするのは面倒になります。
まあ、最悪は郵送で手続きもできるので、遠くへ引越してしまった場合には、郵送が現実的でしょうね

 

転出届の手続きには、身分を証明できるもが必要になってきます。
通常は運転免許証があれば大丈夫です。
また住基カード(写真付)またはパスポートを用意してください。

 

顔が載っていないものであえば、2点用意すれば手続きはできます。
たとえば、住基カード(顔写真無)・健康保険証・年金手帳・クレジットカード・診察券等の資料などです。

 

また、同時に国民健康保険証や介護保険証、印鑑登録証などがあれば手続きをしてもらえます。

 

 

手続きは、引越しを行う本人もしくは、世帯主が行います。
代理人が手続きをすることも可能ですが、その場合委任状が必要です。

 

 

単身パックで東京から大阪への引越し費用は?のトップページに戻る

関連ページ

転入届
引越しで意外と面倒なのは、引越しの手続きです。 転入届は、忘れずに引越し先の役所に提出しましょう
転居届
引越しで意外と面倒なのは、引越しの手続きです。 同じ市区町村内での引越しは、転居届を提出します
ブロバイダーの引越し手続き
もしフレッツ光でインターネットをやっているのであれば、東京と大阪に引越す場合には、電話会社が違うので、上手くキャンペーンを利用すると、引越し費用を節約できるかもしれません