引越し 転入届

引越したら転入届をお忘れなく

引越しは荷物は運んで終わりではありません。
引越しした後にも、いろいろと引越しの手続きをする必要があります。
その中でも大事なのが転入届けです。

 

引越しをしてから14日以内に転入届の手続きをしなければいけません。
引越し後は、荷物の整理などで、ドタバタしてしまい忘れやすいので、
引越ししてからすぐに手続きを済ませた方がいいでしょう

 

だだ、万が一忘れてしまった場合でも、転入届の手続きをすることができますが、
手続きがより面倒になり、過料請求される事もあるので、
はやり期間内に済ませておくことがベストでしょう

 

転入届の手続きは、新居の市区町村の役所で行うことができます。
その時に、前に住んでいたところで、もらった転出証明書が必要なので
忘れずに持参しましょう

 

もし、転出届を忘れてしまった場合には、
旧居の市区町村の役場で、転出届の手続きを行ってくださいね
市区町村によって違うのかもしれませんが、郵送でもOKの場合があるので、
問い合わせるといいでしょう

 

 

もし引越しの時に、転出証明書をなくしてしまった場合には、
引越しをする前の市区町村役所に行かないといけません。

 

そして「転出証明書に代わる証明書」を発行してもらって、それで転入届の手続きをします。

 

遠くに引越した場合には、大変面倒なことになるので、
転出証明書はなくさない方がいいでしょう

 

 

単身パックで東京から大阪への引越し費用は?のトップページに戻る

 

関連ページ

転出届
転出届は、引越しの手続きで、他の市区町村に引越しをする場合で、とても重要な手続きの1つです。
転居届
引越しで意外と面倒なのは、引越しの手続きです。 同じ市区町村内での引越しは、転居届を提出します
ブロバイダーの引越し手続き
もしフレッツ光でインターネットをやっているのであれば、東京と大阪に引越す場合には、電話会社が違うので、上手くキャンペーンを利用すると、引越し費用を節約できるかもしれません