引越し 転居届

転居届と転出届は違います

転居届は、同じ市区町村内で引越しをした場合に手続きをします。
そして、転出届は、違う市区町村へ引越しをする場合に行う手続きです。

 

転居届も、提出期限が決められているので注意しましょう
新居で生活を始めた日から14日以内に提出することが義務付けられています。

 

 

書類は市区町村の役所に用意されていますので、
近くの役所にいって転居届をもらい、必要事項を記入して提出しましょう
市区町村によって、記入項目は多少違いがあるかもしれません。

 

 

転居届は、各市区町村役場に用意されています。
市区町村役場に行って、転居届をもらいましょう。
そして必要事項を記入していきます。用紙の項目は、市区町村によって、多少違いがあります。

 

一般的には新しい住所と住み始めた日を記入します。
そして、前に住んでいた住所と世帯主の名前を記入します。

 

ひとり暮らしの場合には、自分の名前を入れます

 

しかし一般的には、新しい住所と住み始めた日を記入します。
そしてかつて住んでいた住所と世帯主の名前を記入します。
引越しをした人の本籍と戸籍の筆頭者の名前を書きます。
戸籍の筆頭者と世帯主とは異なるケースもありますので、戸籍で確認をしておきましょう。
また連絡先の電話番号を記入します。

 

その他には、身分証明書と印鑑を持参します。
印鑑は必要ない場合もありますが、念のためです。

 

 

印鑑は印鑑証明など、他の役所における手続きで必要になることもありますので、
準備をしておいた方が無難です。

 

 

国民健康保険や国民年金に加入している人もいるでしょう。
自営業者やフリーランスの人が該当します。もし該当するのであれば、
国民健康保険の被保険者証と国民年金手帳が必要になりますので、持参しましょう。

 

 

単身パックで東京から大阪への引越し費用は?のトップページに戻る

関連ページ

転出届
転出届は、引越しの手続きで、他の市区町村に引越しをする場合で、とても重要な手続きの1つです。
転入届
引越しで意外と面倒なのは、引越しの手続きです。 転入届は、忘れずに引越し先の役所に提出しましょう
ブロバイダーの引越し手続き
もしフレッツ光でインターネットをやっているのであれば、東京と大阪に引越す場合には、電話会社が違うので、上手くキャンペーンを利用すると、引越し費用を節約できるかもしれません